気になる!クレンジングの成分 記事一覧

クレンジングに配合されていることが多い成分と言えば、界面活性剤ですよね。ですが、実はこの界面活性剤、肌への負担が大きいということで危険視されています。では、どうして界面活性剤はダメなのでしょうか?界面活性剤の肌への影響界面活性剤は、油と水とを混ざるようにするために使用される化学的な成分です。つまり、油分を乳化させるために使用されるものなので、メイクという油を分解するクレンジングには、よく用いられて...


クレンジングを含める化粧品の数々は、女性心をくすぐるために、その見た目も重要になります。また、使用感を良くするために香りを付けているものもありますね。ですが、この合成香料や着色料というものは、決して肌にとって良いものとは言えないのです。合成というのは人工物合成香料や着色料というのは、人工的に精製、製造されているものを言います。化学的な物質から製造されているものであり、その製造の工程で、様々な物が添...


クレンジングを含む化粧品は、常温で保存していても、少なくとも開封後1ケ月程度は日持ちしますよね。中には2~3ケ月、平気で品質が保てるものもあります。そのために大きな役割を果たしているのが、防腐剤。特に有名なのはパラベンですね。パラベンとは?無添加コスメの多くが、パラベン無添加ということを売りにしています。では、このパラベンというのはそもそも、何なのでしょうか?これは、別名をパラオキシベンゾエートと...


化粧品に多く含まれる成分で、添加物として嫌われる物の1つに、アルコールがありますよね。化粧品におけるアルコールというのは、「エチルアルコール」と言われるものです。成分表示では「エタノール」と書かれています。では、どうしてこの成分は嫌われてしまうのでしょうか?アルコールの役割とは?アルコールを化粧品に配合する目的は多数あります。まず、アルコールには殺菌効果がありますので、防腐剤の役割を果たしてくれま...


無添加のダブル洗顔不要クレンジングをチェックしてみると、省かれる成分の1つとして、鉱物油が出てくることが多いですよね。ですがこの鉱物油、クレンジングを含む様々な化粧品によく使用されている成分です。ではどうして、鉱物油は化粧品に必要なのでしょうか?鉱物油とは?まず鉱物油というのが何なのか、気になりますよね。これは、簡単に言えば石油です。石油を合成・精製することで作られた油の成分のことを鉱物油と呼んで...


クレンジングというスキンケアコスメは、化粧水や乳液などのアイテムよりも、特に添加物を多く含むものとして知られています。そのため、できるだけ無添加にこだわりのあるものを選んでいきたいですよね。特に敏感肌の方は、添加物には注意していきたいものです。ですが、無添加処方であることを売りにしているダブル洗顔不要のクレンジングでも、中には不安のあるものもありますので注意が必要です。表示しなくて良い添加物も!添...