敏感肌のクレンジング悩みに答えます! 記事一覧

敏感肌にダブル洗顔が良くないのはなぜ?最近ではダブル洗顔不要のクレンジングアイテムが多数販売されるようになりました。こういったクレンジングは、敏感肌にも推奨されるコスメとなっています。その理由として挙げられるのは、洗顔という過程を1つ減らすことで、肌への負担も軽減できるからなのですね。敏感肌にダブル洗顔が良くないと言われる理由は、主に2つあります。まず1つ目に、洗顔料の中に含まれる界面活性剤。クレ...


しっかりこすってでもメイク汚れは落とすべき?その日のメイクというのは、その日のうちに落としてしまうのが理想的です。メイクしたまま眠るというのはもってのほかですが、中にはメイクを落としたつもりになってしまっている人もいます。肌のキメや毛穴に入り込んだメイクが残ったままで、これが肌の上で酸化して刺激となってしまうのです。そうなると、結果的にくすみや黒ずみを発症したり、ニキビや炎症ができたりと、肌状態を...


敏感肌の場合はメイクをすべきではないの?確かに、メイクアップコスメや、それを落とすクレンジングといったアイテムは肌の刺激になるものが多いですね。ですが、だからといって「敏感肌はメイクをすべきではない」という結論に達するのは極端な話です。まずメイクアップコスメを見てみると、最近では非常に低刺激で使いやすいものが多数登場してきています。例えばミネラルファンデ。軽い付け心地で、これなら敏感肌でも刺激をほ...


男性の敏感肌にダブル洗顔不要のクレンジングはあり?クレンジングというと、メイクをする女性のためだけのものというイメージを抱いている方もいるかもしれません。ですが、実はそうとも言い切れないのです。今の時代は、オゾン層が破壊されている影響で、紫外線が非常に強くなっています。そのため、女性に限らず男性でも、日常的な日焼け止めの使用が必要不可欠な状況です。これを怠ると、シミやシワといった見た目の変化が起こ...


ダブル洗顔不要のクレンジングでアイメイクや唇のメイクはどうやって落とすの?クレンジングをする際に、特にしっかり行いたいところは目元と口元ですよね。これらの部分は際立たせることで、顔の印象を大きく変えることができます。そのため、アイメイクや唇のメイクを重点的に行う女性も多いものです。ですが、しっかりメイクをしてしまうと落とすのも大変なのが現実です。目元や口元という部分は、ただでさえ敏感な場所ですよね...


敏感肌におすすめのクレンジングのタイプは?クレンジングには様々なタイプがありますね。代表的なのはオイルタイプやクリームタイプ、それからジェルタイプ、ミルクタイプなどです。これらの中で最も即効性が高く、メイク汚れを強力に落とすということで知られているのはオイルクレンジングですね。では、敏感肌に適したクレンジングはどのようなものか、というと、一般的にはミルクタイプやクリームタイプがこれに当てはまると言...


クレンジングを変えれば敏感肌は改善する?敏感肌悩みというのは大変なものです。できることなら、スキンケアの工夫などで、そんな困った敏感肌悩みから解放されたいと願う女性も少なくないでしょう。では、クレンジングを変えることで敏感肌悩みに対策していくことはできるのでしょうか?実はこれは、非常に重要なポイントとなるのです。クレンジングというのは、スキンケアにおいて1番最初に行うものですよね。この過程がきちん...


敏感肌だから美容成分が多いクレンジングは避けるべき?敏感肌悩みを抱える方の場合、美容成分をたっぷり配合したスキンケアアイテムを使用すると、刺激に感じてしまうこともありますよね。ダブル洗顔不要のクレンジングで人気の高い物を見てみると、それぞれに多くの美容成分を配合し、汚れを落としながらも肌を美しく導くという処方になっています。そのため、敏感肌には刺激が強いのではないかと不安になってしまう方もいらっし...


ニキビ肌なら夏場はダブル洗顔不要のクレンジングでも洗顔すべき?敏感肌悩みと並んで多いのが、ニキビ肌の悩みです。特に大人ニキビに関しては、敏感肌悩みと同時に発生することもありますね。肌が敏感で、刺激に弱いために雑菌の侵入を防ぎきれず、ニキビが発生したりするのです。そのようなニキビ、特に汗や皮脂の分泌が盛んになる夏場には多発しやすくなります。ダブル洗顔不要のクレンジングだけだと、汚れが落ち切らなくてニ...


敏感肌で合うクレンジングがなかなか見つからないので色々試しても良い?敏感肌の方のクレンジング選びというのは、本当に苦労するものです。「敏感肌用」というアイテムでも、実際に使用してみると刺激を感じてしまうこともあります。そのため、やはり肌との相性を確かめるためには、実際に自分の肌で使って、相性を確認してみるのが1番だと言えますね。ただし、ここで気を付けたいのは、短期間のうちにいくつもの種類を使わない...